昔の集印帖wiki

河内書店のカード式集印帖

集印帖No.275

集印帖No.275は、カード式の集印帖である。

カードの大きさは、縦90mm×横94mmで、表面には枠線、裏面には方眼が印刷されている。
また、カード裏面の右側には「捺印開始 1ST OF STAMP」、中央には「REMARKS (備考欄)」、左側には「捺印場所 WHEN STAMPED」と書かれていている。

図 1 集印帖No.275−表側33ページ裏側33ページ

このカードの所有者は、ねずみ色の厚紙(教科書の裏表紙を流用したもの)を、カードよりすこし大きいサイズに切ったものを2枚作っている。たぶん、この厚紙の間にカードをはさんで保護したのだろう。
また、カードを持ち運ぶための布製のカバーには、「史蹟名所風景入 趣味のスタンプ蒐集帖」と書かれた紙が貼ってあり、中にカードが差し込めるようになっている。

図 2 集印帖No.275−付属資料1(部分)


なかなか凝ったつくりだが、このカード式集印帖、実は戦前の官報に掲載された広告から、河内書店のものとわかっている。

河内書店の広告

官報に掲載された河内書店「趣味のスタンプ蒐集帖」の広告は、国立国会図書館デジタルコレクションで見ることができる(※1)。
そのうち、昭和8(1933)年5月18日の広告から抜き出してみると、以下の通り。

MK新案ルースリーフ式 旅のシーズンに 替紙差替自在

 

日本・台湾・朝鮮・満洲

史蹟名所風景入

趣味のスタンプ蒐集帖

附スタンプ蒐集日誌

 

鉄道駅、逓信省 風景入スタンプ蒐集帖

是非共貴君のポケットに携帯せられて趣味

あるスタンプの蒐集と共に裏面の蒐集日誌

へ旅行日記又図案説明を記入し「捺印開始

記入欄」も特設あり尚本帖はルースリーフ

式なれば蒐集不足の個所は通信にても自由

に蒐集が出来る新案モダンブックである。

 

附録

自昭和六年七月至八年八月

風景入駅局スタンプ捺印所一覧とスタンプ蒐集の心得

 

趣味布製MK独特ブック差入

中味寸法縦二寸九分横三寸一分

本帖使用の紙は特漉クリームコットン紙

 

定価金四拾銭=送料金貳銭

替紙 金貳拾銭送料金貳銭

 

東京市日本橋区吉川町通り

振替東京六六七九〇番

河内書店

官報. 1933.5.18, 1911号, p.522. より引用

この広告の「趣味のスタンプ蒐集帖」の部分は、集印帖No.275のカバーに貼られた紙とデザインが同じである。

図 3 官報 昭和8(1933)年5月18日(1911号)の広告(部分)

また、カードの大きさ(縦二寸九分横三寸一分=88mm×94mm)もほぼ同じなので、集印帖No.275は河内書店のものとして間違いないだろう。
なお、広告の最初に「MK新案ルースリーフ式」とあるが、MKは、河内書店の代表者「河内政吉」の頭文字のようである。

この「趣味のスタンプ蒐集帖」は、「風景入駅局スタンプ捺印所一覧とスタンプ蒐集の心得」という付録がついて定価が40銭、そしてカードの替紙が20銭、送料は各2銭と書かれている。
この価格を、御朱印の値段で使った換算方法で計算すると、現代の価格は次のようになる。

換算方法40銭20銭
郵便はがき1388円694円
企業物価指数284円142円
消費者物価指数720円360円

これが高いのか安いのかよくわからないのだが、昭和8年の当時、こうしたものが作られるぐらい、スタンプの収集が流行していた、ということなのだろう。

※1
 河内書店は、戦前の官報に9回広告を出しているが、そのうち次の3回に「趣味のスタンプ蒐集帖」の広告が掲載されている。

2019年4月29日作成 [集印帖全般]

最終更新時間:2019年04月29日 20時18分22秒