昔の集印帖wiki

辞書にみる「集印帖」

辞書にみる「集印帖」

このサイトで「集印帖」と呼んでいるものは、実例をみてもわかるように、「集印帖」、「集印帳」、「蒐印帖」、「朱印帖」、「スタンプ帳」など、さまざまな呼び方がある。
そこで、「集印帖」が辞書ではどのように書かれているか、日本の代表的な国語辞典である岩波書店の『広辞苑』で調べてみた。

 『辞苑』

新村出編『広辞苑』は、最初は『辞苑』という題名で、博文館から昭和10(1935)年に出版された。この『辞苑』には、「朱印」の項目はあるが「朱印帖」(しゅいんじょう/しゅいんちょう)(※1)はなく、「集印帖」(しゅういんじょう/しゅういんちょう)や「スタンプ帳」(すたんぷちょう)もなかった(※2)。
どうやらこの時代には、「朱印帖」も「集印帖」も、辞書に収録されるほど一般的な語ではなかったようである。

 『広辞苑』

昭和30(1955)年、『広辞苑』の初版が出版された。この辞書にも「朱印」の項目はあるが、「朱印帖」(しゅいんじょう/しゅいんちょう)はない。それどころか、最新版である平成30(2018)年の第7版にも「朱印帖」の項目はなかった(※3)。また、「スタンプ帳」(すたんぷちょう)の項目も同様で、初版〜第7版のいずれにもない。
初版から第7版にあるのは、「集印帖」(しゅういんじょう)だけである。なお、辞書の項目は「しゅういん‐じょう」となっていて、「しゅういん‐ちょう」ではない。

版ごとの変遷を追うと、次のようになる。

  • 『広辞苑』初版 1955.5 p.1004
しゅういん‐じょう【集印帖】シフ‥デフ
社寺などに参詣するたびにその社寺の印を捺(お)してもらって
その印影(いんえい)を集める帖。多くは画帖仕立。

※初版では、「社寺などに参詣するたびにその社寺の印を〜」と書かれていて、社寺の印を集めることを中心とした記述になっている。

  • 『広辞苑』第2版 1969.5 p.1040
  • 『広辞苑』第2版補訂版 1976.12 p.1040
しゅういん‐じょう【集印帖】シフ‥デフ
旅行・参詣などの記念に、名所や社寺その他の印をおして、
その印影(いんえい)を集める帖。多くは画帖仕立て。

※第2版と第2版補訂版では、「旅行・参詣などの記念に、名所や社寺その他の印を〜」となっていて、「集印」の範囲が広がっている。

  • 『広辞苑』第3版 1983.12 p.1127
  • 『広辞苑』第4版 1991.11 p.1207
  • 『広辞苑』第5版 1998.11 p.1252
  • 『広辞苑』第6版 2008.1 p.1314
  • 『広辞苑』第7版 2018.1 p.1370
しゅういん‐じょう【集印帖】シフ‥デフ
旅行・参詣などの記念に、名所や社寺その他の印をおして、
その印影(いんえい)を集める帖。多くは画帖仕立て。スタンプ帳。

※第3版では、第2版の説明の最後に「スタンプ帳」が追加され、「集印帖」と「スタンプ帳」を同義のものとみなすようになった。それ以外は第2版と同じである。第4版以降はこの第3版と同じで、変更点はない。

 まとめ

『広辞苑』の各版を調べたところ、以下のことが判明した。

  • 戦前の『辞苑』には、「集印帖」「朱印帖」などの語は掲載されていない。
  • 戦後の『広辞苑』には、「集印帖」(しゅういんじょう)はあるが、「朱印帖」はない。
  • 「集印帖」(しゅういんじょう)の項目は昭和30年の初版からあるが、第2版から「集印」の範囲が広がり、第3版からは説明の最後に「スタンプ帳」を追加している。

それにしても、初版から最新版まで50年以上ずっと「集印帖」だけで、「朱印帖」の項目がないというのは意外だった。

※1
 「朱印帖」は、歴史的仮名遣いだと「しゅいんでふ」となる。また、「集印帖」は「しふいんでふ」となる。「帖」は、歴史的仮名遣いだと「でふ」だが、これを現代仮名遣いにすると「ぢょう」で、「ぢ」は「じ」と書く規則があるので「じょう」となる。
※2
 同じ時期に発行された、上田萬年、松井簡治共著『大日本國語辭典 修訂版 全5巻』(冨山房, 1939-1941)や、『大辭典 全26巻』(平凡社, 1939-1941)も調べたが、同じ結果だった。
※3
 念のため「御朱印帖」(ごしゅいんじょう/ごしゅいんちょう)も調べたが、やはり初版〜第7版のいずれにもなかった。


2015年1月8日作成 [集印帖全般]

最終更新時間:2019年09月14日 23時30分16秒